Chiang rai 7日目米ぬか酵素風呂4

こんにちは。3月もあと約1週間で終わるわけですが近くの小中学校はお休みに入ったようで校舎は静かなものです。日本では春休み、こちらでは夏休み期間です。暑すぎて日中は日向で遊ぶ子供は見かけませんが、日が傾いてくると子供たちのはしゃぐ声が響き、鳥さんたちも加わりにぎやかな楽しいひと時になります。

電気や機械的な音は耳障りですけど、ただ楽しくて遊んでる子供たちの声は大人たちの音声とは違うなと思いました。空気にただよう思考に違いがあるのかな。


さて、そんなこんなでチェンライ7日目にして最終日です。米ぬか酵素風呂へも4回目の入浴です。この日は隣人の入ってる画像を私がパシャリしました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ホテルにいると暖房はないので寒かった覚えがあります。それで近くのCafeに朝食を食べに出かけたのだと思います(すっかりどうして出かけたのか忘却の彼方へ…)

11時頃に迎えに来てもらい4回目の米ぬか酵素風呂に行きます。着替えて準備をして入る前に写真撮り。階段が途中まで新たに加わってます。塀もレンガが増えて高くなっていました。もっと高くなるようです。米ぬかの量もその分増えていくらしい。

手前の穴が私の入る場所で仰向けになれないので坐った状態になるような穴です。奥に隣人が仰向けになっています。先に私が出て穴から脱出です。自力で脱出するにもわりと筋肉を使いますからさらに汗をかきます(笑)。はぁーはぁーしながら米ぬか土壌から脱出しました。それで隣人をパシャリ。男性もシャワーキャップをしますよ、はい。


レビューの評判がよいので行ってみました。北タイとイサーン(東北)料理メニュのレストランです。お昼時間ですが店内は空いてました。注文したのはチキンのカオソーイとカレースープの煮物ご飯?と香草ソーセージ団子?です。 カオソーイがおいしくなかったのが意外でした。今まで食べたことのあるカオソーイとは違う香辛料が苦手かも。あとの2品はまずまず頂けました。ソーセージの皮は厚くて固くて噛み切れずに残しました。

レビューの評判では2位というのは違うんじゃない? それってやらせかもー、と思う次第です。レビュー評価最低の方も数名いたので読んでみると初タイの若いバックパッカーは味覚も質を求めず価格と長時間営業の点だけの評価じゃないかというものでした。訪タイリピーターの味覚や料理の質を満足させる店ではないとのこと。どうりで昼時なのに空いてるわけがわかる気がしました。

教訓その1、レビュー評価にもやらせありと知るべし^^;


ドイツコンクール金賞受賞手作り無添加ソーセージの画像ですがソーセージはドイツが発祥かしら。北タイや東北部でもソーセージは作られているらしいしタイに渡ったファランが持ち込んでタイ料理に浸透したのでしょうか。

チェンライから帰途につくまでは次に続きます。
3月中にアップする予定です(^○^)ノ


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

最後までご覧いただきありがとうございます。

広告

Chiang rai 7日目米ぬか酵素風呂4” への2件のフィードバック

  1. sumisumiさん☆こんばんは~。

    タイでもレビュー文化はあるんですね。
    アマでも、ヤプーでも、売買する側と両者の感覚で見てると、
    少し厳しすぎるんじゃないかと思うところもありですねゼァ♪ウヒョーヽ(゚◇゚ )ノ♪
    私はコメントするのが面倒くさいので、かなり感動しない限りしませんw
    文句は直接メールしますw

    さっき見た動画でドル香川がカレーソーセージうまい♪って言ってたゼァw
    あんまりドイツとタイの友好関係はイメージありませんがw

    >ホテルにいると暖房はないので寒かった覚えがあります。
    このあたりの緯度まではないんですね。頭にいれときませう。
    石垣島も風呂がなくて困ったという話があります。
    温泉やれば儲かると言っても、現地人は要らないんでしょうねw(^◇^)ノシ))~♪

    いいね

    1. どうも〜8月も残るところ10日ほどです!

      さて、トリップアドバイザーとかいうサイトや、タイ語だけのサイト、他いくつかあります。
      参考にするのは写真が主ですねー。写真だけチェックして疑問がわいた店は、評価欄も目を通してみます。
      旅先の店探しのひとつの楽しみやもしれません。売買とは違い一方的評価だけなので、それなりの軽い内容です。

      香川もドイツではいい思い出たくさん作ってますね。ドイツ圏のあのあたりはソーセージの種類が多くて、ソーセージ好きはたまらないでしょうね。ビール好きもかな。確かに炭酸飲料とソーセージは合うのかも。
      こちらに暮らしてから解ったことは、アジア人と欧米人の飲み食い領域が違うんですよ。
      アジア人でも英語のできない日本人は特に情報量が少ないと思います。
      アジア人領域に欧米系が紛れ込んだり、逆に欧米領域にアジア人が紛れ込むと、
      空間が一瞬、静まります(笑)。自分から紛れ込める人は長期滞在者がタイ語もOKな人が多い。
      その方がタイにいるんだから楽しみの量が桁違いかと思います。

      北部は寒いですよ〜。寒暖の差がありすぎて身体がついていけない私です。
      石垣島も那覇から遠いし、シャワーが出るだけでいいのでしょうね。
      タイは水しかでないシャワーが普通かな、電気給湯器は最近なのかも。

      温泉施設はあるけど公共施設で提供されてるから、行楽のひとつかな。

      タイはプーケット暮らし、楽しんでます♪

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中