Chiang rai 6日目米ぬか酵素風呂3

チェンライ6日目は午前中から活動開始です。

米ぬか酵素風呂3回目に入浴というか発酵した米ぬかに埋もれてから次は近くに温泉もあるというので管理人の斉藤さんが連れて行ってくれました。チェンマイのサンカンペー温泉施設のような感じで足湯もありました。乾季の暑さに温泉は入るの人はいるのだろうか。

スライドショーには JavaScript が必要です。

お太鼓橋は渡るときは上り坂。坂だと分からない程度だと隣人は言いますけど、私的にはゆっくり太ももに力を入れながら渡ります。体力使いますねぇ555 どうしてこういう作りにするかなー^^;

さぁ、個室風呂へ。

中は広めで着替える場所や水を浴びられるスペースもありました。浴槽もとても広くて深くて足下には注意を。それと熱湯蛇口は後から足すほうがよいとのこと。先に水蛇口で数分経過してから温度調節しないとすぐに熱々になってしまいます。

隣人は熱めでも平気ですが私は苦手です。
浴槽の手前には一段だけ階段があるので足から徐々に入りました。

それでも広々と両手両足をのばせるのはいい開放感です♪

熱々風呂でさっぱりしたあとは、お昼ご飯もせっかくなので斉藤さんをお誘いしてご一緒しました。

私のへんてこな趣味趣向の話題にもおつきあいしてくれました。お若い斉藤さんなのに都会よりも静かな田舎で仕事をしたいそうです。都会しか知らなかったのに不便極まりない暮らしを体験して価値観が一変したとかです。ご縁がご縁を呼んで今の酵素風呂の質の維持管理をまかされているそうです。チェンライ米ぬか酵素風呂の運営母体はバンコク情報誌を発行しているダコです。流行だけの情報だけではなく自然派の情報も取り入れて実現してるダコの社長さんの観点もいいなぁと思いました。

ご一緒したお昼ご飯は、チェンライのタウンにあったドイ・チャンが移転したという離れた場所に連れて行ってくれました。また別の機会にご紹介します。


にほんブログ村 海外生活ブログ 海外ロングステイへ

ドイ・チャン・コーヒー
広告

Chiang rai 6日目米ぬか酵素風呂3” への1件のフィードバック

  1. sumisumiさん☆こんばんは~。

    足湯の公園?広いスペースで日本にはない感じ。

    斉藤さん?
    田舎で仕事がしたいというのは、エネルギー高いのかもわかりませんね。

    お湯の好みはどうだろうか。私も多少熱めかなw
    50度に近い方がいいのかな?良さそうというのが、今のとこの見解です。
    やっぱり、水は温いのかなw♪(^◇^)ノシ))~♪

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中